LINEスタンプにポップアップストア、激戦化するダウンジャケット市場におけるモンクレールの仕掛け

秋冬を目前にし、ダウンジャケットの購入を検討している人も多いでしょう。

今注目のダウンジャケットブランドといえば、モンクレールです。

もともとは防寒具として認識されていたダウンジャケットを、洗練されたファッションアイテムに変えるきっかけを作ったブランドと言えます。

しかしダウンジャケット市場には、モンクレールの他にタトラス・カナダグースなど競合するブランドが増え、どのブランドを選べばいいか迷ってしまうことも多いはずです。

そんな中でモンクレールはブランドの価値を高め、またブランドを身近に感じさせるための仕掛けを今年に入って行っています。

 

例えばこの2018年9月には、モンクレールの公式LINEスタンプが登場しています。

使っている人もいるのではないでしょうか。

モンクレールブランドのバーチャルアンバサダー、Mr.モンクレールがイエローのダウンジャケットを着て「よろしく」「おめでとう」「サイコー」といったメッセージのスタンプになっています。

公式アカウントで友達登録するとダウンロードできるもので、ブランドへの親しみがわきそうです。

そしてMr.モンクレールが着ているダウンジャケットは、東京にオープンしたモンクレールジーニアスのポップアップストアで限定販売されるTheYellowというコレクションのものなのです。

 

モンクレールジーニアスは、モンクレールが8人のゲストデザイナーとのコラボレーションを行うもので、ノワール・ケイ・ニノミヤのデザイナーの二宮啓やフラグメント・デザインの藤原ヒロシなどが参加しています。

 

日本でもブランドへの関心が高まるでしょう。

 

ダウンジャケットのブランド選びでは、モンクレールに注目してみるのがいいかもしれません。